▶︎▶︎映画・アメコミ情報の無料メルマガ

【初心者向け】必ず使うべきSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)の基本知識

ミシェルちゃん

今回は、初心者向けに覚えておきたいSNSの基本知識を解説していくわよ。

SNSとは?

ソーシャル ネットーワーキング サービス(Social Networking Service)の略。

インターネット上で人と人がつながることを目的として作られたコミュニケーションツールです。

世界的に有名なSNSは、Twitter、Facebook、 Instagramの3つ。

SNS界のTOP3ですね。

ラインもSNSの1つです。お隣の国、韓国ではSNSのカカオトークが有名。

ほとんどの日本国民が、種類は違えど何らかの形でSNSを使っています。

ミシェルちゃん

世界的に有名なSNSをシンプルに紹介していくわ。ユーザー数は現時点での数字よ。

Twitter

2006年にサービス開始。

Twitterの由来は『鳥のさえずり』

全世界の月間アクティブアカウントは、約3億3000万人

日本国内の月間アクティブユーザーは、約4500万人

主な機能は、1度に140字までの文字を投稿=ツイートするというもの。

あるAという投稿=ツイートをリツイートすることで、自分のフォロワー全員にAという投稿を拡散することができる。

他のSNSと比べると、拡散性が非常に高く、リアルタイムの情報を得られるという特徴がある。

最近は少し伸び悩んでいる感がありますが、日本での影響はまだまだ絶大です。

ミシェルちゃん

私もSNSのメインツールとして、Twitterアカウントを2つ使ってるわ。これがアメコミ専門のアカウントよ。アクティブユーザーがすごく多いから拡散された時の威力がすごいのよ。

ミシェルちゃん

これが映画専門のアカウントよ。2つ合わせると約1.7万人のフォロワーとつながってるのよ。

是非、フォローしてねw

今後もしばらくはSNSの中心であり続けるでしょう。

Twitter
使いやすさ
(4.0)
拡散力
(5.0)
リアルタイム度
(5.0)
集客度
(4.5)
フォロワー獲得のしやすさ
(3.5)
総合評価
(4.0)

10代〜30代のユーザーが多い印象です。若い世代が多いです。

ツイッターは、2000〜5000人レベルのフォロワー集めはそんなに難しくないです。

5000〜10000万人以上のフォロワー集めとなると、かなり難しいのではないでしょうか。

Facebook

2004年にサービスを開始。現時点で世界最大のSNSです。

月間アクティブユーザーは、約22億人

日本国内の月間アクティブユーザーは、約2800万人

キングオブSNSです。20億人ですよ20億w

世界人口の3分の1くらいの割合です。

ミシェルちゃん

これが、Facebookのアカウント。フォロワーは2800人よ。物販はかなり売れるから必ず登録しておきたいわ。

Facebook
使いやすさ
(3.0)
拡散力
(2.0)
リアルタイム度
(2.5)
集客度
(4.5)
フォロワー獲得のしやすさ
(3.5)
総合評価
(3.0)

20代〜50代までの印象が強い。年齢層が比較的高いユーザーが多いですね。

物販について言えば、比較的お金に余裕がある層が多いので、1人あたりの単価が高いです。

Instagram

2010年にサービスを開始。

月間アクティブユーザーは、約10億人

日本国内の月間アクティブユーザーは、約2000万人

通称インスタ。インスタ映えという言葉が生まれるほど、国内で利用者が多いSNS。

ミシェルちゃん

物販はかなり売れるわ。最近、真面目にフォロワー集めに取り組んでいるのよ。

Instagram
使いやすさ
(2.0)
拡散力
(2.0)
リアルタイム度
(2.0)
集客度
(3.5)
フォロワー獲得のしやすさ
(2.5)
総合評価
(2.5)

20〜30代の女性層がかなり多い。インスタ映えかなり重要です。

投稿にリンクが貼れないので、TwitterとFacebookと比べると使いにくいですね。

ただ、ポテンシャルは相当高い。今後、必ず力を入れるべきSNSです。

LINE

2011年にサービスを開始。

月間アクティブユーザーは、約2億1700万人

日本国内の月間アクティブユーザーは、約7600万人

日本国民の2人に1人が利用している。

既読問題が話題ですね。ぶっちゃけどうでもいいわw

ミシェルちゃん

基本的にSNSからLINEに誘導するというパターンが有効的よ。具体的な方法は、別途、紹介するわ。

Instagram
使いやすさ
(4.5)
拡散力
(1.0)
リアルタイム度
(1.0)
集客度
(3.5)
フォロワー獲得のしやすさ
(1.0)
総合評価
(2.5)

Kakao Talk

2010年にサービスを開始。韓国発のSNSです。

現在のユーザー数は、約1億人。

韓国国民は、ほぼほぼこのサービスを利用してます。

LINEも元々は韓国の会社から独立した会社が作ったサービス。

日本国内に限ると、LINEに比べて利用ユーザーが少ないのであまり使うメリットはなし。

SnapChat

月間アクティブユーザーは、約1億8800万人。

メッセージが、一定時間経過すると消えるという特徴がある。

日本ではあまり、認知されていない。

使うメリットなし。

Pinterest

2010年にサービスを開始。

世界中のユーザーは、2億5000万人。

WEB上にある画像をクリップボードのような感覚でブックマークできるサービス。

使うメリットなし。

Tumblr

2007年にサービスを開始。

世界中のユーザー数は、4億2500万人。

おしゃれなミニブログを作れるサービスです。

使うメリットなし。

主要なSNSまとめ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
  • Kakaotalk
  • SnapChat
  • Pinterest
  • Tumblr

どのSNSを使えばいいのか

世界中には、たくさんのSNSがあるということはわかりました。

結局、どのSNSを使えばいいのか?

迷う必要はありません。

Line、Twitter、Facebook、Instagramを使ってください。

理由は、日本国内で利用されているSNSトップ4に、この4つのSNSが全てランクインしているからです。

これらに取って代わる革新的なSNSが登場しない限り、しばらくの間、この4つのSNSが衰えるということは考えにくいでしょう。

国内SNSトップ4

  1. LINE(約7600万)
  2. Twitter(約4500万)
  3. Facebook(約2800万)
  4. Instagram(約2000万)

ランクインしているということは、当然ですが国内のユーザー数も多く、ビジネスにおいて集客できる可能性が高まります。

法人や個人がSNSを利用して集客をする時代です。SNSを使わないという選択肢は論外ですね。

特に、個人事業主(フリーランス)されている人。この記事を読んでいるそこのあたな。

うまくSNSを使って集客してますか?

集客の必要性があるビジネスをしているのに、SNSを使ってない時点でセンスなし。時代遅れです。

ただ、多くの人が正しい使い方、有効な使い方ができてません。

SNSで集客したい

SNSで集客できるの?とよく聞かれます。

答えは、YESです。ただし、正しい有効的なやり方があります。これを間違えると時間の無駄になります。

芸能人やフォロワーが何万人もいるインフルエンサー、大手企業は、それなりの知名度やブランド力があるので、それほど集客には困らないでしょう。

それ以外の発信力がない人たちは、集客するのにかなりの苦労を覚悟しなければいけません。

発信力がない人の集客パターン

  • SNS
  • ブログ(サイト)
  • テレアポ
  • ダイレクトメール(DM)
  • チラシ
  • インターネット広告
  • 直接営業
  • メルマガ
  • インフルエンサーからの紹介

基本的に、上記の方法しかありませんよね。ほとんどが労力・お金・膨大な時間が必要です。

チラシ配り、DM送信、この2つは、今の時代そんなに効果は見込めない。(ある程度の効果は見込めます)

インターネット広告をだす。これは費用がすごくかかりすぎるのでNG。

メルマガ。これは、初心者にはハードルが高いのでNG。

結論、SNSとブログ(WEBサイト)から集客するのが一番効率が良いです。

理由は、費用をかけずに効率的に集客ができるからです。

まとめ

今回は、主要なSNSについて紹介しました。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramを使えば間違いないです。

次回は、この4つのSNSの始め方と具体的な使い方を解説していきますね。