▶︎▶︎映画・アメコミ情報の無料メルマガ

【初心者向け】無料でネットショップを出店!『 BASE / ベイス』の始め方とメリット(デメリット)を解説するよ

ミシェルちゃん

無料でネットショップを出店できるサービス『BASE』について説明していくわよ。

巷ではBASEは売れないと言っている人や、ネットでそのような記事を見かけます。

結論から言いますと、BASEは売れます。

WEBマーケティングが下手くそな人は売れません。

私は、2017年度に副業でBASEを使ってショップ運営を始めましたが、ツイッターだけで200万円の売上げがありました。

InstagramとFacebookでも50万円の売上げがありましたので、SNSだけで250万くらいは頑張れば売れるということです。

今回は、BASEの登録方法〜商品登録までの一連の流れを中心に解説していきます。

具体的な売り方や、BASEの正しい使い方は、別の記事で紹介していきます。

BASEって何?

5分でネットショップを開設できるECサービス。

2018年現在、登録者数は60万店舗を突破。

スマホのショッピングアプリに関しては、400万ダウンロードを突破。

手軽にショップを開設できるということで、利用者数を大幅に伸ばしている注目のサービスです。

↓ ↓ ↓ ↓


スマホからでもPCからでも、簡単に商品登録が可能。

今あるECサービスの中で、使いやすさ及び、費用対効果が最も高いサービスといえます。

今後もかなり伸びていくサービスです。

出店登録に必要なもの

スマホ1台とメールアドレス、売る商品があれば登録可能で自分のショップを開設できます。

順を追って説明していきますが、ビックリするほど簡単にショップをオープンできます。

本当に5分もかからないです。

メリットとデメリット

どのECサービスにもメリットとデメリットはあります。

BASEをこれから始めようとしているそこのあなた。

前もってメリットとデメリットくらいは知っておきたいですよね。

BASEのメリット

  • 無料で利用可能
  • 誰でも出店可能
  • 圧倒的な使いやすさ
  • 豊富な決済パターン
  • 独自ドメインが利用可能
  • 商品登録が無制限
  • レスポンシブ対応
  • ショップデザインのカスタマイズ
  • デジタルコンテンツを販売できる(音楽データ、写真データ、テキストデータ)

BASEのデメリット

  • 圧倒的に集客が弱い
  • サポート対応がメール対応のみ
  • 決済手数料が発生(1回の注文の総合計(送料含む)に対して3.6%+40円の決済手数料
  • 売上金の引き落とし手数料が発生(一律250円、2万円未満:500円 / 2万円以上:0円)
  • 海外対応してるけど、日本で発行したクレジットカードしか使えない

ミシェルちゃん

圧倒的にメリットの方が大きいわ。デメリットの部分はしっかり対策すれば補えるわよ。

BASEの始め方

  • STEP.1

    右上のショップ解説をクリック

  • STEP.2
    新規登録画面

    ショップのURLを決める→メールとPWを決める→新しいショップを開くをクリック

  • STEP.3
    認証メールが届く
     登録したメールアドレス宛に認証メールが届く→届いたメールよりログイン
  • STEP.4
    登録完了
    BASEの登録は完了!
  • STEP.5
    ショップの基本設定
    BASE自体の登録は完了したので、次は基本設定をしていく流れになります。

BASEの本当の凄さは、使いやすさにあると私は考えます。

今まで色々なショップを使いましたが、お世辞抜きにしてBASEが断トツで使いやすいです。

アマゾン、楽天市場、ヤフーショップ、ワウマといった有名どころのプラットフォームは、初心者にとってハードルが高いんですよね。

ミシェルちゃん

初心者は、BASEが1番使いやすいECサービスよ。

最初にやるべき基本設定

ログインすると、上記の管理画面が出てきます。ここからありとあらゆる設定ができるようになってます。

BASEの登録は完了したけど、次に何をやるか、初めての人は迷ってしまいます。

そこでBASE初心者が、最初に設定する項目を順をおって解説していきます。

ショップ設定

管理画面の右上にあるタブにカーソルを置くと、上のようにズラッと項目がでてきます。

ショップ設定をクリック。

ショップ名を決めてください。カテゴリ設定もしておきましょう。

あなたのSNSアカウントがあれば、設定しましょう。ショップを訪れた人が、あなたのSNSアカウントへ直接とべるようになります。

送料は、ここで設定できます。一律の料金設定をしておくとよいでしょう。BASEのアプリサービスを利用することで、個別に送料を無料にできたり、〜以上で送料無料の設定も可能です。詳しくは別の記事で紹介します。

ユーザー設定タブを開くと、メールアドレス、パスワード変更が可能です。ここは割愛しますね。

特定商取引法に基づく表記の登録

ショップ設定をクリック。

特定商取引法に基づく表記の登録をクリック。

ここは、上から順番に必要な項目を埋めて保存でOK。

特に難しい部分はないかと思います。

決済方法の設定

ショップ設定をクリック。

決済方法をクリック。

利用申請をクリック。

BASEの決済方法は、かなり豊富。全て揃っています。

クレジットカード決済、キャリア決済、銀行振込決済、後払い決済。

後払い決済のみ審査があります。

クレジットカード決済で、VISA、マスター、アメックス、JCBが選べるのはかなりメリットです。

私が使い始めた当初は、これほどまでに豊富な決済パターンはなかったです。

BASEさん素晴らしくユーザー目線のサービスを作ってます。

決済方法の申請を先にしておかないと、商品登録が終わってもショップを公開できませんので注意しましょう。

SSL対応にする

2016年3月30日以降にBASEに登録した人は、自動的にSSL設定がされいる状態でスタートできます。

SSL設定とは?

シンプルにいいますと、WEBサイトのセキュリティ対策のことです。

WEBサイトのURLは、http://から始まりますよね。

SSL設定すると、http://→https://にURLが1文字かわります。

httpsになっていないWEBサイトは、今後Googleから『このサイトは、危ないですよ!』と警告が表示されるようになると言われていますので、必ず設定しましょう。

SSL設定したサイトは、上記のように鍵マークがつきます。

これからのWEBサイトは、SSL化が必須になります。

超重要。

デザインを決めよう

ホーム画面のデザインタブをクリック。

下の画面が出てきます。

>の部分をクリック。

無料で選べるデザインが10種類近くありますので、あなたの好きなデザインを選びましょう。

デフォルトで選べるデザインは、素人感が抜けないので、慣れてきたらテンプレートを購入することをおすすめします。

詳しくは、別の記事で。

ロゴを作成しよう

メニューバーのAppをクリック。

下のページが出てくるので、下にスクロールしていきます。(コントロール+Fで『ロゴ』と検索してもよし)

ショップロゴ作成をクリック。インストールをクリック。

あとは自由にフォントを変えたり、色を変えたりできるので余裕がある人はロゴを作成するといいでしょう。

本格的にショップを運営したい方は、ココナラにロゴ作成を依頼することをおすすめします。

通常のデザイナーさんに依頼するよりも、かなり安くロゴ作成が可能です。

↓ ↓ ↓ ↓

他の初期設定は?

BASEアプリの充実ぶりは凄まじいです。ほぼ全てが無料というショップサービスはBASEが初めてかと。

SEO設定、メールマガジン設定、商品検索設定、ブログサービス。

BASEアプリで最初に登録するであろうこれらのサービス。

悪いことは言いません。Twitter、Instagram、facebookを使いましょう。

BASEのSEOは、ほとんど効果がありません。BASEのメールマガジンやブログを書き続けるくらいであれば、ワードプレスでブログ作成しましょう。

長期的に考えれば、ワードプレスでブログを継続して書く+SNSで情報発信+BASEでショップを構築する。

これが、初心者の人には鉄板です。

効率よく費用もかからず集客ができます。

【初心者向け】ワードプレス(WordPress)って何?基本知識と仕組みをシンプルに解説

商品を登録しよう

いよいよ商品登録まできました。ホーム画面のタブから商品登録をクリック。

商品を登録するをクリック。

商品名、価格、商品説明を入力していきます。

商品登録は無制限です。

売れやすい価格設定、商品説明の書き方については別途、紹介していきますね。

在庫数を入力。売る商品の写真をアップロード。

売れやすい写真の撮り方は別途、紹介します。

公開、非公開を選べます。

商品公開後にショップをみてみよう

ホーム画面からショップを見るをクリック。

実際に商品が、アップされたあなたのショップページが表示されますので、確認してみましょう。

まとめ

ミシェルちゃん

BASEの登録〜商品登録までの一連の流れは、あなたが思っているほど難しいことではないわよ。

これからは、個人でモノを売る時代です。

メルカリやラクマといったフリマサービスがありますよね。

BASEとどっちを使えばいいの?という質問がよくSNSからくるのですが、

スポットで売りたければ、メルカリ一択。

自分のショップをじっくり育ててリピーターも獲得したいのであればBASE一択。

ハードルが高いですが、自分のブログでネットショップを組み込むといった選択肢もあります。

メルカリもめちゃくちゃ売れます。ただ、買い手の質がかなり低い。リピーター獲得は期待できません。

メルカリは、例えるなら、大きな商業施設にお店をかまえる様なものです。放置していても人はきます。

BASEは、例えるならば、砂漠の上にお店をかまえる様なものです。何も対策しないとマジで誰もお店に来てくれません。

正直、集客できないと心が折れます。

BASEで売れないといっている人の大半が、集客で失敗した人たちです。

BASEとメルカリの併用もできます。

BASEで売れ残った在庫をメルカリでさばく。(これはめちゃくちゃ有効)

次回、詳しく話します。

あたなもBASEを初めてみませんか?

↓ ↓ ↓ ↓

次回は、主に下記の応用編を初心者向けに解説します。

具体的には、デザインのカスタマイズ、独自ドメイン設定、使うべきBASEアプリの種類、集客のやり方、送料設定、価格設定、ネットショップに必要な備品、配送のやり方、BASEとメルカリの併用。